記事内に広告が含まれています。

クリアストロングショットアルファの副作用が心配なあなたに

クリアストロングショットアルファの公式サイトには副作用の表記はありませんでした。

実はクリアストロングαは医薬部外品で薬ではないんですよね。なので副作用が起きる可能性はないと思います。

それでも、もしかしてと思ってクリアストロングショットアルファの公式サイトを見てみたんですが、公式サイトでも副作用の可能性についての記載はありませんでした。

また、現時点でクリアストロングショットアルファを使用しての重大な副作用はあるのか調べてましたが報告されていません。公式サイトもチェック済みです。

ただし、クリアストロングショットアルファには、殺菌成分やエタノールなど、一部揮発しやすい成分が含まれています。

そのため、塗布後に爪周りが乾燥したり、かゆみやかぶれなどの症状が出る可能性がないとは言えません。

個人差によっては肌が合わなくてそういう症状が出る可能性はあるのかも…もし違和感を感じるようなら使うのをやめたほうがいいです。

まとめますと、クリアストロングショットアルファの公式サイトでは、副作用に関する明確な情報はありませんでした。医薬品じゃないので、副作用はまず考えられないと思います。

ただ副作用は無いのですが、人によっては痒みが出たり、肌が荒れたりするかもしれないので、使用をする方はそこを注意してくださいね。

●医薬部外品とは?
 医薬部外品は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」により規制されているため、国内で製造した医薬部外品を販売・授与するためには、通常、医薬部外品製造販売業許可及び医薬部外品製造業許可(登録)が必要となります。

さらに、許可(登録)のほかに、原則、取り扱う品目ごとに医薬部外品製造販売承認を取得する必要があります。 

また、海外から輸入した医薬部外品を販売・授与するためには、通常、医薬部外品製造販売業許可及び海外の製造所については外国製造業者認定が、国内で保管する場所については医薬部外品製造業許可(包装・表示・保管区分)が必要となります。

さらに、許可のほかに、原則、取り扱う品目ごとに医薬部外品製造販売承認を取得する必要があります。 

引用 医薬部外品を製造・製造販売される方へ

クリアストロングショットアルファの主要成分表

クリアストロングショットアルファの有効成分はベンザルコニウム塩化物で、

これは医薬品として細菌やカビの消毒や殺菌に使われます。爪内の菌を殺菌する効果が期待されます。

その他の成分にはエタノールや植物由来の成分が含まれており、これらが製品の特性や使用感に影響を与える可能性があります。

有効成分ベンザルコニウム塩化物
その他の成分 エタノール、濃グリセリン、軽質流動パラフィン、グリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンベヘニルエーテル、カルボキシビニルポリマー、パラオキシ安息香酸メチル、テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビット、モノステアリン酸グリセリン、パルミチン酸セチル、ミツロウ、パラオキシ安息香酸エチル、水酸化カリウム、オリブ油、ベヘニルアルコール、水素添加大豆リン脂質、エデト酸ナトリウム水和物、香料、精製水

クリアストロングショットアルファの効能は?

爪のガサガサやにごりなどの悩みに対しておすすめなのが、薬用の「クリアストロングショット アルファ」です。

このジェルは、指定医薬部外品として認められた外皮消毒剤で、爪周りを殺菌・消毒する事を目的としています。

爪に侵入した菌をしっかりと取り除くことで、爪を健康な状態に導いてくれますよ。

クリアストロングショットアルファの使い方

クリアストロングショットアルファはしっかりと継続して使う事が目的とされています。

朝晩しっかりと塗り続けることで、このジェルの殺菌成分が爪の中にまで浸透します。

継続的な使用により、爪のガサガサやにごりなどの症状が改善され、乾燥して変形・変色しやすい爪にも効果的なアプローチをしてくれます。

クリアストロングショットアルファの副作用が心配なあなたに:まとめ

薬用の「クリアストロングショット アルファ」は手指・皮膚・爪周りの悩みに対するジェルとして開発されました。

副作用の心配をしている方も多いと思いますが、クリアストロングショットアルファは指定医薬部外品なので、副作用の心配はまずしなくて良いとは思います。

それよりも爪のケアに悩む方は、指定医薬部外品と認められたクリアストロングショットアルファをお勧めします。

続けることで爪を健康な状態へと導いてくれると期待されますから、頑張って続けていくことで、明るい未来が待っていますよ^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました