耳を守護らねば③‐恐怖!騒音性難聴

寄稿文

皆さま こんにちは。ユーザーのゴンザレスです。前回からの続きとなります。

やや真面目に注意喚起したいので、最初にまとめを書かせていただきます。参考にした資料は労働関係が中心ですが、あくまでユーザー向けです。  

私自身は労働運動家でもないので人様の労働環境なんて知ったこっちゃありませんし、世の中にはホール以外にも騒音対策を無視しがちな労働現場なんてゴロゴロありますし、「せめて遊びだけは気をつけましょうや」というのが主旨です。

「ここだけは読んどけ」なまとめ

・騒音性難聴は少しずつ進行する

→症状が出始めるのが5年以上経過してから

・気付くまでに時間がかかる

→上記の理由&話し声よりも高い周波の領域から聞こえなくなるため分かりにくい

・突発性難聴と異なり、騒音性難聴には治療法が無い

→センサーが摩耗し消失している状態で、交換も修復もできない

・そのため予防(耳栓など)が唯一の対策

これらの理由で、難聴に気づく頃には手遅れな状態。難聴に気づいてから耳栓をして耳を労っても難聴や耳鳴りのままで良くなることはない。それ以上の進行がゆっくりになるだけです。

・騒音職場(この場合はホール)では進行の速さや程度の差はあるが、誰でも騒音性難聴になる可能性が高い

・その人が重度の難聴になるかならないかは、なってからでないと分からない。そしてその時点でとっくに手遅れ

・騒音職場の基準は85dB以上で、本気で対応しなきゃならない基準は90dB。そしてホールの騒音は90dB以上の可能性が高い

→詳しくは最初の寄稿文をご覧ください

・やはり耳栓での予防が重要となる

「俺は大丈夫」「マイホは静かだから大丈夫」などと言っている人は、音の大きさに気づいてないだけか自分の耳を過信しているだけの可能性も高い。あるいは既に難聴が進んでいて手遅れの可能性もあるのも怖い。

以上のことから、もっとも耳が良いとされる20歳前後の頃から耳栓をして遊技することがパチンコ・パチスロ遊技では必要になるかと思います。つまり最初の遊技から耳栓は必須。

説明

健康系寄稿文を再開し始めてから、上手い具合に有名なパチンコ系まとめサイトでも「ホールの音・遊技台の音」に関して、いくつかの記事が掲載されていました。

それらの記事では「音量大にして耳栓を否定する意見」が多かったように思います。

しかし、最初の寄稿文にも書いたように、金属球(パチンコ玉)や金属板(メダル)を大量に使っている時点でホールの騒音は相当なもので、パチンコなんかはユーザーの目の前で金属球を別の金属(真鍮釘)に当てているわけです。

ですので、音量問題について議論するのは良いとして、たとえ音量最小派の人でも難聴防止のために耳栓は必須!と主張したい。音量最小にすれば大丈夫という保証もありませんので。

耳栓が駄目ならヘッドホンみたいなイヤーマフもありますし、耳栓にもシリコンタイプなど肌に優しいものもあります。ご検討ください。

また、パチスロなんかだと音でチャンス(?)を判断する事もあるとお聞きしますが、「耳を潰してチャンスを得るか、耳を残してチャンスを潰すか、どちらを選ぶのが良いのか?」と言われりゃ耳を残す方が重要でしょう。

「耳よりパチスロのチャンスが重要!」と傾いて意気込んでも、後悔するのは5年後10年後ですぜ。

怖いぞ騒音性難聴

時々「遊技台の音でグダグダ抜かすな、昔のホールはもっとうるさかった」とおっしゃるベテラン勢がいます。

ホールの騒音は約30年前の論文での調査だと92dBであり、約10年前の調査では90dB。下がってはいますが、まだまだ難聴危険域です。

そして一番怖いのは「ホールが静かになったのではなく、ベテラン勢の耳が聞こえなくなっている可能性が高い」こと。受け手のセンサーが壊れて感知できてないのですから、そりゃ静かに感じます(笑) 

きちんと聴力検査していますか?佐藤と加藤(無声子音)を聞き間違えることはありませんか?チャイムやピンポンやピーという音に気付かないことは増えてませんか?

心配なら耳鼻科へGO。ただし根本的な治療法はありません。

そして「耳栓しないで音量マックスなんて耳がおかしいの?」と愚痴る若者もいます。

年齢にもよりますが、実際に聴覚が低下している可能性があります。つまり「おかしいの?」ではなく「おかしい(断言)」のです。

人によっては加齢と騒音のダブル難聴なのかもしれません。そんな人間でも大音量にすれば楽しめるなんて、実に親切設計だなぁ(白目)

ジョークはさておき、それは耳栓をしないで遊技し続けた末路であり、貴方の未来の姿なのです。自分の為にも若い内から予防策を頑張ってください。

と言いつつも「ながら運転や歩きスマホや自転車逆走と同じで、実際に被害にあわなきゃ注意しないだろうなぁ」とため息を付きながら、次回に続きます。

次も耳関連で書こうと考えております。

寄稿者紹介

加藤ゴンザレス氏

<プロフィール>

楽太郎ブログの最初期からの読者。

おもに会社帰りに打ってる養分リーマン。

パチンコばかり打ってます。 

「細く長くパチンコと付き合う」感じで遊んでます。

Twitter:@gonzalezes2544