店舗系Twitterに関する、あるユーザーのぼやき

寄稿文

皆さまこんにちは。ユーザー枠のゴンザレスです。

最近収支が絶好調なので、養分の汚名は一時返上させていただきます(笑)

あいも変わらず緊急事態宣言中なので、「Twitterを見て行きたくなった店舗」のテーマは先送りにして、このテーマのために店舗系Twitterを見ていた時の感想について、書かせていただきます。

店舗系Twitterを見ての感想

ユーザー目線で書いているツイートが多くて、好感を持てました。

パチンコ・パチスロをやらないホール店員が増えていると言われている昨今、「パチンコ・パチスロが大好き」を表現してくれている姿は、ファンとしては嬉しい限りです。

しかし、ユーザー目線になりすぎて、

「自分たちが純粋なユーザーやカスタマーではなく、実店舗で遊技を提供することで飯を食っている側の人間である」

「個人のアカウントではなく、企業や店舗のアカウントである」

という基本を忘れているような行動や発言に対しては、少し違和感を覚えます。

どういった所に違和感を覚えたか、例をあげて説明させていただきます。

非難が目的ではないので、特定を防ぐために細かい所は改変して少し大げさにしてあります。

しかし大筋は変えておりません。

各ケースと個人的感想

ケース1

・A店のパチスロ大好き主任がやっているA店の公式アカウント

・あるパチスロ台への実際に遊技した評価として「クソ台」「産廃」を連呼

・ところがその酷評したパチスロ台が同じチェーンであるB店に設置されていた(B店のアカウントと相互フォロー済)

ケース1の感想

「客が、店舗に設置されている遊技機で遊ぶことで、店舗に利益が発生する」というのがパチンコ・パチスロなのに、これは不味いかと思います。

自社の店舗に置いてないのを批判しているならまだしも、自社の店舗に設置している機種を批判しているのは、頭がクラクラします。

そして、店舗に設置しているということは、常に稼働の可能性、即ちお客様が遊技する可能性があるわけです。

なのに、このツイートは該当機種を打ってくれるお客様に対して、「クソ台な産廃を打っている客」というようなことを遠回しに言っているようなものです。

さすがに失礼すぎます。

パチスロ好きとして、いまの6号機に思うところがあるかもしれませんが、「自分はそれを提供して食っている」という目の前の現実を忘れずに。

ケース2

・養分リーマンを自称するGさん

・Twitterで「もっとホールには養分が必要、客は喜んで養分になるべし」と自虐的にツイート

・そのツイートがCホールの公式アカウントから「イイね」を貰う

・その結果「客は喜んで養分になるべし」というツイートに、Cホールが「イイね」をしたことが、Cホールのフォロワーに伝わる

ケース2の感想

「イイね」は幅広い使い方をされていて、「閲覧しましたよ」みたいな既読確認としても使われているようですが、本来の使い方は文字通り「(その意見は)イイね」なわけです。

そして、実際に養分リーマンを連呼している私が言うのもなんですが、『養分』なんてのは蔑称です。だからこそ汚名返上なのです。

ハゲネタと同じで、ハゲ本人がネタにしていたとしても、それを周りが使うのは気を使う類のものです。

そんな蔑称を使った「客は喜んで養分になるべし」というツイートにイイねを押したことがC店で実際に遊技している客に伝わったら・・・

あまりいい気持ちにはならんでしょう。

「養分=負けてくれる人、負けてもリピーターとして来てくれる人」がいなければ、パチンコ屋なんてのは商売にならないわけで、確かに「客は喜んで養分になるべし」というのはホール側にとっての本音であり正論だとは思います。

しかし、本音や正論を表に出すことが常に正しいわけではない、特に客商売においては。

もしかしたら「俺の遊技スタイルも養分だから」くらいの気持ちで、ホールのTwitter担当者が「イイね」を押したのかもしれません。

しかし、養分やユーザーである以前に、「自分は店員で使っているのは店舗のアカウント」だというのを忘れずに。

ケース3

・そこそこ規模の大きいチェーンの店舗であるD店

・意識高い系の個人アカウントの「欲望は抑えなきゃならない、欲望は悪だ」というツイートに「イイね」を押す

・ケース2と同じように、それがD店のフォロワーに伝わる

ケース3の感想

さすがにこれは論外。

ここまでくると、昔懐かしの「それはひょっとしてギャグで言ってるのか!?」が出てしまいそうです。

当たり前ですが、パチンコ・パチスロというのは欲望が重要な要素で、だからこそ高射幸性機の撤去や設置継続で揉めているわけです。

そういう業界で、このような発言に、店舗の公式アカウントで「イイね」とは、何を考えているのやら。

こうなると「パチンコ・パチスロをやらない」レベルじゃなくて、自分が勤めている業界に対して理解が欠如していると言わざるを得ません。

ユーザー目線以前の問題です。

何のためのTwitterか?

フォロワー数が利益に直結するようなネット商売(ユーチューバー、インフルエンサー、ブロガー等々)と違い、実店舗で稼いでいるような商売は、フォロワーが実際に店舗に行かないと利益には繋がらんと思います。

なので、よくネット商売の人らがやっている「炎上レベルの過激さで、他には無い個性を出す」「アンチを生むが、同じくらい支持者も生む」というような手法は、必ずしも有効ではないと考えます。

アンチが商圏にいて、支持者が遠い地方にいては意味がありませんし。

フォロワー数が万単位の化け物ホールなら別ですが。

上司や会社から「(よく分らんけど)フォロワー数を増やせ!」というような圧力があってやっているのかもしれませんが、

「自分個人の考えや主張は二の次で、あくまで集客第一のためのアカウントである」

「個人ではなく、店舗や会社のアカウントである(アイドル店員以外)」

「自己顕示欲のためではなく、パチンコ・パチスロの為のアカウントである」

といったようにアカウントの基本姿勢を考えて、そこから外れない言動をしたうえで、実際に打っているフォロワーに嫌な思いをさせないようにしつつ、盛り上げてもらえれば良いなあ、と思います。

寄稿者紹介

加藤ゴンザレス氏

<プロフィール>

楽太郎ブログの最初期からの読者。

おもに会社帰りに打ってる養分リーマン。

パチンコばかり打ってます。 

「細く長くパチンコと付き合う」感じで遊んでます。

Twitter:@gonzalezes2544