もしもマイホにゴッド凱旋や初代沖ドキが設置されていたら

寄稿文

皆さまこんにちは 養分リーマン枠のゴンザレスです。

「もしもマイホ(よく遊んでるホール)が凱旋や沖ドキの設置店(以下設置店)だったらどうするか」をテーマに、前々回の寄稿文に書ききれなかった一ユーザーとしての今後の不安も含めて、今回新しい寄稿文を書かせていただきました。

ちなみに実際のマイホには今のところ設置はされておりません。

もしもマイホに凱旋や沖ドキがあったら?

CR機のラインナップによっては通い続けます。

珍古台好きとしては、残り少ないCR機を少しでも堪能するために通ってしまいます。こればかりはどうしようもない。

北斗無双などのメイン機と違って珍古台の方は早々に撤去されがちなのが辛い所ですが。

ただし・・・

えげつない閉店(廃業)をする所もありそうだから、貯玉をすべて引き上げた上で、遊技の際にはカウンターや交換所でトラブルが発生してない事を確認してから行うといった防衛策は取らざるを得ない、と考えます。

ぱちんこ業界の脆いシステム

妙な話ですが「ぱちんこは換金ができる」というユーザーの常識を実現するには、店舗側に信義が必要となります。

例えば三店方式。

三店方式は合法とは言われますが、別に義務でも何でもない。

義務付けるような法律はなく包括しているような法律もなく、あくまでホールが色んな景品を置く自由と、ユーザーが私有物を売却する自由だけで成立しているからです。

理念は「マッチ棒をやりとりする麻雀やポーカー」と同じようなもの。仕組みは三店方式の方が洗練されていますが。

あちらは「何故か&必ず」最後の段階で1本ウン円で取り戻したくなるという白々しいプロセスが必要になり、三店方式は「何故か&必ず」特殊な景品がホールにあり、それを「何故か&必ず」近くの古物商で高い価格で買い取ってくれるという、これまた白々しいプロセスが必要です。

三店方式を機能させるためには、明文化はできないお約束を守る信義が必要なのです。

貯玉にいたっては法律すらない。

むしろ法律が邪魔してユーザーの手元にデータを残せず、権利すら存在しません。

現行の貯玉システムはあくまで店舗別のサービス程度の仕組みで、閉店や廃業時に必ず清算しなければならないような法律的な義務は無いのが現実です。

あとは店舗の信義に頼るしかないのです。

とはいえ、今どき三店方式がないホールなんて珍しく、貯玉も殆どのホールが採用しています。そのため営業を続けようとすれば、これらの維持は必要不可欠です。

問題は「旧規則機撤去後も営業を続ける気があるのか?」というところです。

何のための儲けか

凱旋や沖ドキを置き続けるのは「それでホールに大きな儲けがでるから」なのは間違いありません。

本当にユーザーに利益がある(ユーザーが勝ちまくる)台であれば、即撤去もんです。

企業が利益を求めることは悪いことではありませんので、その点は問題ないと考えます。

では、その儲けはなんのためか?

①「来年も営業を続けるために新台を導入するため」

これならユーザーの立場では問題なさそうです。新台や中古台導入で揉めるのは業界内ですから、ユーザーには特に関係ありません。

②「少しでも稼いで綺麗に店を終わらせるため」

店を綺麗に閉めるのにも体力が必要なのはわかります。そのあとも営業を続ける同業者には迷惑をかける形にはなりますが、それは業界内のお話でユーザーには直接関係ありません。

ただし、精算する相手のなかにユーザーがいるとは限らないのも事実。貯玉会員が債権者として認められるとは思えませんし。

③「稼げるだけ稼いで、なるべく払うものは可能な限り減らした上で閉店することを決意している」

④「自転車操業状態で、それらの売り上げが消えたら来月がヤバい」

⑤「大きい負債を抱えているから閉店もままならず、目先のことしか考えられない」

⑥「来年以降のことは何も考えていない」

ここらへんになると、ユーザー無視のトンズラ閉店をしてもおかしくはない。

しかも厄介なことに、ユーザーの立場だとそのホールがどれに該当しているかがわかりません。

他業種の話になってしまいますが、経営者がえらく強気だと思ったら、実は経営が苦しくて債権者に見栄をはっているだけなんて例もあります。

「次々に新規出店して元気な会社だな」と思ったら、1店舗のあたりの売上や収益がかなり落ちていて、収益改善ではなく新規出店で売り上げを伸ばしている、まるで水の上を走っているような企業もあります。

とにかく非上場企業なんてのは、外から見ても分からんのです。中から見ても分からんというのに。

設置店をどこまで信用できるか

「だったら沖ドキ・凱旋の非設置店(以下、非設置店)も条件は同じじゃねぇか」と言われりゃ、そうです。一部の大規模チェーンは別ですが、決算書の外部への開示なんてことはしていませんから、ユーザーが内部の事情が分からないのは同じです。

しかし、業界内においてユーザー保護に比較的熱心なのは個々のホールよりも、21世紀会を構成するような組合や団体であり、その21世紀会に協力している点で、ユーザーとしては非設置店を「信用ができるホール」と考えたい。

おまけに「来週で閉店、ただし今日から特殊景品は出しません」なんてアクロバティック閉店も合法な業界だとすれば、設置店が信義なく合法を連呼している姿は怖いものがあります。

突然閉店の可能性もあることを考えれば、不安は更に倍プッシュ。

最悪の事態を回避するためにも「閉店するにしても長年のお客様に迷惑をかけてはいけない」という現場の声に期待をしたい所ですが、凱旋や沖ドキを設置しているような社風や体制の店舗に、一体どこまで期待していいのやら。

私個人の感想

設置店の「可能性ゼロから設置延長をもぎ取って来たことを評価せず、協力もせず、合法を盾にとって設置を続ける」というタダ乗りな営業姿勢を見ると、マッチ棒麻雀で精算の時に突然、

「俺はそんなマッチ棒はいらない」

「そもそもサークル棟での麻雀は禁止されている筈だから無効だ」

と言い出し、規則を盾に脅迫して、精算を拒否したクソ野郎の姿とダブって見えて、まぁ嫌悪感しか湧きません。こっちから誘ったわけじゃねぇぞ、あの野郎。

「個人と企業を重ね合わせることは無理がある」「ゴネてる内容も違う」と分かっていても、こればかりはどうにもなりません。一度似ていると思うと、やめられない、とまらない。

こうなると、私の中では信用度がストップ安。少なくともお約束を守るような奴とは思えなくなる。

お気に入りのCR機が残っている内は遊びに行くかもしれませんが、それが撤去されたらそこのホールには当分行く気にはなれません。

法律で定められた遊技場としてならまだしも、法律で定められていない信義(と欲)だけで成立している賭博場としては信用できません。

そんなこんなで、今年は色んな意味でユーザーとしても注意深くならんといかんのかなあ、と思います、ハイ。

注意して備えていれば、突然閉店になっても、店舗に対して怒ることなく同情することができると思うので。

寄稿者紹介

加藤ゴンザレス氏

<プロフィール>

楽太郎ブログの最初期からの読者。

おもに会社帰りに打ってる養分リーマン。

パチンコばかり打ってます。 

「細く長くパチンコと付き合う」感じで遊んでます。

Twitter:@gonzalezes2544