パチンコ店長楽太郎、Instagramをひっそりと再開

つい先ほど、おそらく5年ぶりにinstagramにログインしてみた。

これは最初にブログ開設する際に作ったアカウントで、動物やら料理の写真やらを適当に投稿していたらそれなりに反応があって、たしかフォロワー4,000/フォロー6,000くらいの状態だったかと記憶していたが、やはり月日の経過は数字の変化に現れていてフォロワー500/フォロー6,300という状態で久し振りに管理画面が立ち上がって来た。

どうしてまたインスタを、ということについては、つい最近、所属しているオンラインサロン「未来ラボ」にて運営の方が「ぱちんこ業界はインスタに疎い、もっと活用すべきではないか」という主旨での投稿をしていたので、せっかくの機会だからと再開することにしたという訳である。

あまりにも年月が空いているため使い方をすっかり忘れていて、PCからだと投稿削除できないとか、画像編集の仕方だとか、ほぼ一からの再始動となっており既に戸惑っている。

取り敢えずは何でも良いのでテスト投稿をと思い、ちょうど自宅デスク周りを掃除中に引き出しの奥底から発掘した皆既日食観測用の簡易グラスをupしてみた。

グラスの裏面には使用方法や注意事項が記載してあり、隅の方に「日食グラスで見られる天文現象」として「2012年5月21日 太平洋側の広範囲で金環日食」とある。

ということは、これはおそらくその日食の時にこれを使えと嫁さんが買って来たもので、朧気ながらそういう事もあったかも知れないと思い起こした次第である。

では実際にどのような日食だったのかと検索してみたところ、なかなかどうしてかなりの規模と言うか素人目にも相当レアな天体イベントだったようで、Wikipediaには

当日は日本の広い範囲で曇りとなるとの天気予報が出ていたが、東京では雲の合間から金環日食が観測されるなど、多くの地点で金環日食や部分日食が観測された。

この金環日食に伴い、日本では太陽観測用グラス(日食グラス)が爆発的に売れ、ビクセン製品は200万個を出荷……

とある。

本日発掘されインスタグラムのテスト投稿のネタになったグラスは、まさにこのビクセン製品であり、ウチの嫁さんもこの200万個の売上に貢献したということになる。

2020年9月7日22時13分、東京の夜は時折小雨がパラつく曇り模様である。

ベランダに出て日食グラス越しに北東の空を見遣るが当然何も見えず、ただ室内で犬が「ご主人、アンタ、何やってるんだい?」と怪訝そうな面持ちでこちらを見ているだけであった。

すごすごと部屋に戻りPCでインスタの画面を見ると、青山の美容院スタッフだというスレンダーな女性が水着姿の画像を投稿したばかりで、既に200件ほどの「いいね!」(ハートマーク)が付いている。

パチンコ店の40代男性が投稿した日食グラスには無反応だ。

さてこれからどの程度投稿するかと考えた矢先に、古いスマホから「空き容量低下」だと怒られる。間違いなく、インスタのアプリをダウンロードしたからだ。

そんなこんなで、楽太郎のインスタはこちらから。

パチンコ店長ならではの観点で、シャレオツな投稿を連発していく所存である。

【付記】ちなみに、ブログTOP画面のこの記事の見出し画像(DL元:フリー画像サイト)は、2012年5月20日に実際に観測された金環日食の写真とのことである。興味がある方は、ご覧下さればと思う。

楽太郎

Posted by 楽太郎