「文化」としてのパチンコの楽しさは、一体誰が発信するのか?

寄稿文

はじめに

みなさんこんにちは、d時短と申します。

営業再開が出来た地域が徐々に増えていますね。

しかし、コロナ禍の前よりも稼働は低いようで、世間全体の自粛ムードはまだまだ変わらないようです。

なにか起爆剤になるようなものが欲しいところですね。

文化としてのパチンコ・楽しさは誰が発信する?

テレビ番組で某弁護士から脱法ギャンブルだとまで揶揄されたことで、ネットを中心にまた大荒れとなっています。

一連の流れを見ていると、やはり業界の発信力の問題かなとつくづく感じます。

法令関連、特に賞品提供とその買取の問題は、業界外の専門家である木曽崇氏が詳細を述べておられますが、それも本来は、ぱちんこ業界で説明をつけなければならないこと。

私も、Twitterでツイートさせていただきましたが、普段はひっそりと発信し営業していくべきだと思います。

しかし、この業界に攻撃的な発信があったときは、しっかりとそれに対抗できる組織、個人でもいいと思いますが、組合などがこれだけ存在するのですから、声明を出すなどの何かがなければならないように思います。

経済的に大きな社会的存在になっているのですから、業界全体でのCSR的な動きはもはや不可欠となっています。

よく、うちの業界も税金を納めているという論調を見かけますがそんなのは当たり前の話で、もしどこかの業界と比較しているのであれば、それこそ「争いは同じレベルでしか起きない」となります。

恐らくは今までその取組を避けてきて、タブーであることを好み、そこに甘えてきた。

そのツケが回ってきたと考えるべきでしょう。

さて、今回本題としたいのは、「文化としてのパチンコ」です。

バッシングが起こる中で、それに反論する内容として「法的には問題ない」とか「風営法が…」とか前述の法的な部分のものが目立ちますが、そもそも「パチンコってこういうところが楽しい」とか「こんないいところもある」という部分があまり聞こえないように思います。

前述のCSR的な部分で駐車場の貸し出しやマスクの配布などは聞こえてきますが、そもそも「パチンコが楽しい」の部分の発信はほぼ無いというのが残念に思います。

個人的に、この業界の「ライター」と呼ばれる方にもう少し頑張ってほしいように思うのですが、批判を恐れてか、発信も自粛しているのが現状と言えるでしょうね。

真の意味で「業界のライター」というのがいないのが悲しく思います。

さて、パチンコの楽しさを発信するにあたり、必要なこと。

それはここまでの歴史と、各世代により受け取るイメージの違いに留意する必要があるかなと思います。

話は急転しますが、「縁日のサメつり」。

地域的なものもありますが、早い話「くじ引き」で、1回数百円支払いオモチャのサメを釣り、その口の中に入っているくじによって、景品がもらえるというお祭りの遊びとなります。

1等の賞品として、高額なゲーム機やプラモデルなどが当たるようになっているのですが、まあ当たらないのは「ご想像の通り」。

それら当たらないのも含めて夏の風物詩と言えると思うのですが、今の御時世だと、それが100%許される社会になってこなくなっているように思います。

数年前、著名YouTuberによって、祭りのくじを全部引いても当たらない、これは法的におかしいと、Web上で問題提起されたことが話題になりました。

世代にもよると思うのですが、前述の「ご想像の通り」。

子供の頃に、チャレンジして当たりがないことを肌で感じたり、親に教えてもらったり、いわゆる「大人の階段」を登って成長する中で、そんなサメつりの仕組みを想像できるのだと思います。

しかし、核家族化が進み、人との付き合いが変わっていく中で、今の若い世代が「ご想像」出来るかというと、必ずしもそうではない社会に変わっていっているのだと思います。

そんな背景で、あのような動画が生まれていったのかなと感じるわけです。



話は戻って、ぱちんこ業界に当てはめてみると・・・

古くはじゃりン子チエやこち亀、サザエさんやクレヨンしんちゃんにもパチンコが登場していた時代があり、換金に触れた脚本もあったでしょう。

最近ではYouTubeでも90年代のバラエティ番組を見ることが出来ますが、昔のバラエティでもパチンコが度々取り上げられ、釘の話も当時はオープンでした。

梁山泊がとんねるずの番組に出演するなど、今思うと信じられない内容ですが・・・

そんな時代から、現代のパチンコ。

基本的に主要メディアから姿を消しアングラ化が進む中、YouTubeでも基本的にはファン向けであり、ノンユーザー向けの発信が少なくなる中、業界側がここ数年やってきたことは、ファン感謝デーなども新規ユーザーを取りに行くというよりかは既存ファン向けのものでした。

ここ最近の動向から、コアファン向けの施策が業界全体を通じて多かった中で、コロナ禍の状況になった中で、「理解をしてほしい」と言ってもそれはかなり難しいと思います。

コロナ云々以前より、新しくパチンコがしたいと思った方をしっかり受け入れる状況があったでしょうか?

悪友に連れられて覚えるというのが王道パターンである業界の体質から、ほとんど進化していないのが今の業界のように思います。

ファンに対する業界の行動がこれですから、世間一般、特に新しい世代からのぱちんこ業界に対する印象、その受け取り方は昔とは大きく変わっていると考えるべきで、昔ほど認知されていないというのが現実と思います。

認知されていない層にテレビなどのメディアがネガティブな印象の話を与えると、感化されてしまうのは当然の流れになってしまうと思います。

加えて、今の世代の我が業界の受け取り方にも留意する必要があるでしょう。

ちょっと悪いくらいがいい、アングラな感じが良いという考えではなく、健全化の中で魅力を発信する必要性があると思います。

コロナ直前ではありましたが、霜降り明星が日工組の遊タイムの説明動画に出演した内容はとても良かったと思います。

[参考]日工組HP『パチンコが変わる 遊タイムはじまります!』

あのように、今の時代に合わせて対外的に発信できるように業界全体が努めていかなければならないと考えます。

・・・サメつりを始めとした縁日の遊びには組合なんて無いでしょう。

発信もなく、その文化は廃れていった。

しかし、ごく少数でも、そこに一定のファンがいたのは事実だと思います。



パチンコは、数多の組合があり、今どきならTwitterをはじめ様々な発信ができる機会がある。

ならば、それを活かさなければならないと思います。

今すぐ、パチンコの魅力を発信といっても、批判にあうのは百も承知ですが、この一連の騒動が収まって、また何かのタイミングでこの業界が危機にさらされることもあるでしょう。

その時のために、コロナが落ち着いた頃に、普段からの発信力を高め、認知を広げていく。

いわば世間に対するロビー活動と言えるのかもしれませんが、そういったことも、業界全体で取り組むことで、ファンも増やし何かしらの危機を乗り越えられるのだと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

寄稿者紹介

d時短氏

<プロフィール>

楽太郎と日頃から情報交換している、キャリアが長い事情通の業界人。

ご本人より「ツイッター・始めたばかりなので色々教えて下さい。自分からフォローするのは恥ずかしいので、フォローしていただければ、こちらからもフォローさせていただきます」との事。

Twitterアカウントのフォローはこちらから@d_zitan